エムスリーテックブログ

エムスリー(m3)のエンジニア・開発メンバーによる技術ブログです

「医師版Stack Overflow」を開発しています

こんにちは。エムスリーエンジニアリングG、プロダクトマネージャーの中村です。

エムスリーは医療の領域、特に医師に向けてサービスを提供しているため、どんなサービスを作っているか外からは見えづらいという声をよく聞きます。そこで今回は、開発中の新規サービスについてご紹介します!

さて、どんなサービスかというと、医師が診療で悩んだ時に専門性の高い医師に相談ができるQ&Aサービスです。「医師版Stack Overflow」というとイメージしやすいかもしれません。

ちなみに、エンジニア荒谷(@_a_akira)のブログ記事、「Kotlin Fest 2019でエムスリー社員(俺)が登壇しました」に、エムスリーではKotlinを導入しているサービスが多数あると記載がありましたが、本サービスもその一つです。

どんなサービスを目指しているのか

f:id:kananakamu:20190829171540j:plain
エムスリーの受付にはミッションが書かれています。

医師は、日々さまざまな症例に対して、診療を行っています。中には自分の専門外の症例を見なければならず、処方に迷うケースもあります。そういった医師の課題に対し、エムスリーが抱える28万人の医師の知識や経験を活用すれば、課題を解決できるのではないかと考えています。そのためのソリューションとして、医師間のQ&Aサービスを開発しています。

臨床領域における医師の課題を解決することは、患者さんが受けられる医療品質の向上に直結します。 エムスリーのミッションは、「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コスト一円でも減らすこと」です。私自身、このミッションに強く共感し、エムスリーへの入社を決意*1したこともあり、日本の医療に貢献するサービスを作れる幸せと責任を感じながら、日々開発に取り組んでいます。

ちなみに、本サービスでは回答する医師の信頼性と回答品質の高さがコアバリューだと考えています。専門性の高い医師による、リアリティがあり、臨床に真に役立つ情報が集まるプラットフォームになることを目指しています。

開発のプロセス

上記で書かせていただいた課題は、実際に医師にインタビューをする中で発見した課題です。そしてそれを解決するためのソリューションを、ユーザビリティテストにて検証しました。

ユーザビリティテストの被験者は、開業医の先生にお願いしました*2。 実際にプロトタイプを触っていただいたところ、コアバリューと考えていた「回答する医師の信頼性」がユーザーに上手く伝わっていないことが分かるなど、いくつかの有益な気付きを得て、プロダクトに反映することができました。ユーザーインタビューの詳細については、別の機会にブログを書こうと思います。

現在は要件が固まり鋭意開発を行っているフェーズで、リリースは今年の秋ごろを予定しています!

技術的なチャレンジ

エンジニアリンググループの福林 (@fukubaya) です。

以前の記事でも書きましたが、せっかく新しく始めるサービスなので、まだ経験したことがない言語やフレームワーク、技術を使わないと楽しくありません。

今のところ以下のようなチャレンンジを計画しています*3

  • Kotlin + SpringBoot
  • API定義とコード生成にOpenAPIを利用
  • PCとスマートフォンページで共通的に使用できるVue.jsコンポーネントを作って工数削減
  • SpringBootのdocker imageを最小化して効率化
  • Coroutines (Kotlin) でノンブロッキング

順次ブログを書いていくそうです。期待が高まりますね!

また、医師の興味を引くQ&Aをレコメンドすることが、サービスの成長にとって重要な要素の一つだと考えています。レコメンドのアルゴリズムは、AIチームで絶賛開発中です。

  • 関連質問出力のための、m3コンテンツのユーザークリック共起と疾患・薬剤知識ベースによる単語埋め込み
  • ユーザーへのおすすめ質問提示のための、ユーザーの興味のタグづけ

We’re Hiring

開発チームは、以下のメンバー構成です。

  • エンジニア3名+インターン生
  • デザイナー
  • QA
  • ディレクター
  • プロダクトマネージャー

このチームの良いところは、ユーザーにとって何が良いのかを納得がいくまでとことん考え抜けることだと感じています。このサービスの開発を通して、ユーザーである医師への理解を更に深め、より医師の役に立つサービスを作っていけるよう、私自身もチームとしても成長していきたいです。

私たちのチームでは、プロダクトの力で医師の課題を解決したいという想いを一緒に形にしてくれるエンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーを募集しています。

少しでも興味を持っていただけたら、お気軽にお問い合わせください。

まずはカジュアル面談でお話ししましょう!

ソフトウェアエンジニア(医師同士の知識共有新規サービス Kotlin,TypeScript) / エムスリー

フロントエンドエンジニア / エムスリー

UI/UXデザイナー / エムスリー

プロダクトマネージャー(エンジニアバックグラウンド) / エムスリー

jobs.m3.com

*1:今年5月にエムスリーに入社しました。

*2:エムスリーでは、28万人の医師会員に対して、ユーザビリティテストやインタビューへの協力を呼び掛けることができます。今回は、募集を開始して3日ほどで被験者が集まりました。ユーザー調査などを駆使して「製品を見つける」ことが仕事のプロダクトマネージャーにとっては天国のような環境です。

*3:進行中のものもあれば、思い付き段階のものもあります